肌の状態は日常生活の影響もあります。食生活はもちろん実は肌にとって睡眠が凄く大切な要素となっています。睡眠は人間の3大欲求の1つで欠かせないものですが、肌にも関係してくるのです。今回はそんな睡眠と肌の関係性について書いていきます。

まず睡眠は肌に良いと一度は皆さん聞いたことがあると思います。しかし実際にはどうなのか知らない方がほとんどです。ハッキリ言ってしまうと睡眠を多く取ることで肌の質を良くすることが可能です。

まず肌はターンオーバーすることで新しい皮膚に生まれ変わるのですが、このあーんオーパーに睡眠が関係してくるのです。

ターンオーバーをする時に重要なのが成長ホルモンです。成長ホルモンが分泌されることでターンオーバーが始まるのです。成長ホルモンが足りないと、ターンオーバーが中途半端になってしまい、新しい皮膚に完全に生まれ変わらなのです。

睡眠を取るとは成長ホルモンが分泌されるので、ターンオーバーが起こる周期が早くなるのです。これが睡眠と肌の関係性です。

しかしただ睡眠をとれば良いという訳でもありせん。深い眠りについている時こそ成長ホルモンが一番生み出されるのです。深い眠りを取るにはリラックスする必要があるので、ストレスを溜めないように心掛けましょう。

また成長ホルモンが分泌される時間は決まっていて、0時から4時までの間が一番成長ホルモンが分泌されるので、規則正しい生活をすることが大切なのです。

このように睡眠と肌は切っても切れない縁なので、睡眠をしっかり取ることを意思しましょう。